2016年8月アーカイブ

髪はまた黒髪に戻るのでしょうか?白髪の悩みを抱えている人も多いと思いますが、白髪発生のメカニズムを知ることにより、解消につなげる事ができるかもしれませんよ。今回は白髪について紹介するので参考にしてみてくださいね!

shiraga.jpg

・白髪って

髪が黒いのはメラニンの働きです。白髪の原因となっているのがメラニン量の不足となっています。生まれたての産毛の状態には、髪の色がついていない状態で、髪の毛は白髪です、白髪として生まれた産毛は髪が伸びる事により、色がついて行く仕組みになっています。

・白髪の原因

1.加齢です。年齢を重ねることにより、白髪が多くなってしまいますが、それが自然的な老化現象となっています。年齢などは個人差により違ってきますが、老化現象が白髪となってしまう原因の1つなのです。

2.遺伝的要因も関係しています。白髪になりやすい人とそうでない人の差は大きいものですが、遺伝的な要因となっていて、若白髪の人は10代~20代で白髪が生えてしまうことがあります。実際に研究で分かっていることは、白髪は黒髪と比べるとメラノサイトの生存や維持、黒化に非常に重要な働きをもつ遺伝子の発現量が低下していると言われています。まれなケースとして、遺伝的な原因となり、先天的な色素形成能力のない人も白髪になってしまうことがあります。

3.精神的ストレスやその他の原因としては、栄養状態が不良の場合や薬などの副作用により、代謝障害を引き起こしてしまい、白髪になってしまうこともあります。実際にストレスも良くないので自分なりの発散方法を見つけるようにしましょう。

若い頃から白髪が生えてしまうと年齢を感じられてしまうことがありますが、何よりも、自分が出来る方法として、ストレス発散を心掛けて、食事面でも栄養の整った食事を心掛けることも重要になってきます。薬などを飲んでいる人は、副作用で白髪になってしまっているかどうか医師に相談してみるようにしましょう。

・手入れポイント

髪の色は、髪を生み出す部分により色がついている状態なので、細胞メラノサイトの動きが鈍くなっている状態で、細胞そのものが死んでしまって白髪になってしまうので、白髪が気になる人は、目立ちにくくするアイテムなどを上手に活用するようにしましょう。

尚、眉毛や髪の毛、ワキの毛など人間の体内に生えている毛の生え方の構造はどれも同じです。毛を生やしたい、毛を太くしたいのであれば、頭髪用の育毛剤を頭髪以外の毛に使用しても問題はありません。http://xn--vekv00k8dk4xbrvu6nm.net/

女性ホルモンを活性化する方法ですがホルモンを分泌することが重要なポイントになります。薄毛の悩みを抱えている女性に今回ホルモンについて紹介するので参考にしてみてくださいね!

jyosei.jpg

女性ホルモンのバランスを整えることにより、美肌はもちろんですが、美髪やくびれなど女性らしいスタイルを保つ事が可能となっています。実際に、生理前のイライラはホルモンバランスの乱れが原因となり、症状が発生していると言われています。

1.夏でも体を温める

冷えは女性ホルモンのバランスの乱れを引き起こしてしまうと言われているので、冬の寒い時期だけでなく、夏は冷房など体が冷えやすい環境となってしまうので注意するようにしましょう。しょうがを取り入れた、温かい飲み物を飲んだりすることも大事です。

2.寝る前はリラックスるすること

熟睡も健全なホルモン分泌には大切なことです。寝ている間に少し部屋を暗くして、自分の好きな音楽を聞いたりして、ゆっくりストレッチしてみるようにしましょう。結構をよくすることが可能で、熟睡できます。

3.遅くても0時前に寝る

ホルモン分泌は1日の生活サイクルを整える事が重要なポイントになっています。毎晩夜更かしすることにより、ホルモンの分泌量が悪くなってしまうので、早く寝るようにして規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

4.陽光を浴びて深呼吸

朝起きたり、出かける前には、大きく背伸びをするような感覚で深く息を吸い込むようにして吐き出します。これを5回程度行うようにしましょう。深い呼吸は自律神経を整える事ができて、ホルモンバランスのケアも行うことが出来ます。

5.ウォーキング

運動は、女性ホルモン分泌に必須となっています。ハードな運動は必要ありませんが、適度な運動を行って代謝を高めるようにしましょう。

6.ランチには肉・魚・たんぱく質

女性ホルモンの元になっているのは、良質なたんぱく質を脂質です。それを作るために必要な肉や魚、たんぱく質をきちんと摂取するようにしましょう。

7.ドキドキときめく

日常の生活の中で、ドキドキするようなときめきを持つ事により、ホルモン活性に有効と言われています。

8.湯銭で3分間脳を休ませる

ストレスは女性ホルモンの敵と言われています。仕事や家事で疲れている体をきちんと癒してあげる事が重要です。疲れている時には、入浴中に3分間程度、目を閉じて何も考えないようにすることにより、脳と体がリラックスすることが出来ます。

実際にたくさんの方法がありますが、自分なりに出来ることからスタートしてみるようにしましょう。難しいことをやるのではなく、できることだけでも挑戦することにより、ホルモンバランスの乱れを改善に導いていくことが出来ます。

プロペシアが男性型脱毛症に効くメカニズム

プロペシアは男性型脱毛症に効果的と言われています。今の時代は多くの方が薄毛の悩みを抱えて愛用していると言われていますが、なぜ、男性型脱毛症に効果的なのでしょうか。

prop.jpg

・男性型脱毛症は、毛髪が本来のヘアサイクルよりも早く脱毛してしまう状態で、通常では3年~6年だったサイクルが数ヶ月から1年という短い期間で抜け落ちてしまう症状となっています。毛そのものも次第に細くなってしまい、毛の質も変わってしまい、最終的には生えてこなくなってしまうのです。また、20代や30代で症状が現れる人も多く、若年性脱毛症と言われています。この原因としては、ホルモンのバランスと大きくかかわっていることが男性特注の症状となっているのです。

プロペシアは水かぬるま湯で1日1錠服用します。実際に、タイミングは、食前でも食後でも構わないのですが、1日の中で時間がバラバラになってしまうような服用ではなく、毎日決まった時間帯に服用することにより、安定した効果を期待することが出来て、成分が血中で常に安定した濃度を保つ事ができます。

実際に、薄毛も進行していない服用の場合には、薬の必要性も低いと言われていますが、バラバラだったら、飲むのを忘れてしまう可能性も高くなってしまうので、習慣化することにより、忘れず取り入れる事ができるようになります。

薄毛になって間もない場合には、毛根が生き残っている可能性が高いといえるので、服用することにより、ヘアサイクルの改善も目指すことが可能になります⇒男性ホルモン抑制育毛剤

最初は抵抗があったり、恥ずかしいと感じたりすることもありますが、早めに対策することにより、大きな悩みを感じることなく、環境を整て行くことが出来ると思います。

ポイントとしては、抜け毛が多くなり5年以内であれば、髪の毛が生えてくるのを期待することが出来ます。

病気でも何でもそうですが、早めに対策することにより、深刻な悩みにならず、改善することが出来ます。薄毛の悩みは深刻になってしまうことにより、そこからさらにストレスが増えてしまう可能性も大きくなってしまうので注意しましょう。

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。